国が運営する中小企業の事業承継を支援する公的機関

佐賀県事業引継ぎ支援センター

佐賀県事業引継ぎ支援センター

ホーム > 事業承継とは

事業承継とは

事業承継の現状は…

1.事業承継には5年から10年の準備期間が必要です

事業承継の進め方、現状の認識不足により、事業承継への着手を先送りにしたために後継者を確保できなかったというケースもあります。後継者の育成期間を含めれば、事業承継には5年から10年もの準備期間が必要です。

2.中小企業の経営者年齢が高齢化しています

佐賀県は全国の中でも高齢化が進んでいる県です。

3.後継者難(親族内での後継者の確保が困難)による廃業が多くなってきています

廃業を予定していると回答した中小企業のうち、4割を超える企業が「今後10年間の事業の将来性について、事業の維持、成長が可能」と回答しています。事業は継続できるにも関わらず、後継者の確保ができずに廃業を選択せざるを得ない状況に陥っている実態があります。

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。

近年、中小企業の経営者の高齢化、後継者不在による事業承継問題が深刻化しており、将来の事業存続に課題や悩みを抱える企業が多くなっています。

親族承継、従業員承継、第三者承継(M&A)のいずれのパターンにおいても、後継者選びにはあたっては関係者と十分な意思疎通を図り、経営権の引継ぎや後継者教育等について検討していく必要があります。
事業承継には5年から10年を要するとも言われます。経営者は事業承継準備を先送りせず、少しでも早く準備を始めることが重要です。

まずはお気軽にご相談ください

事業承継のスタッフがアドバイスをいたします。
完全予約制・無料で承っております。

【代表・親族承継・経営者保証】

TEL0952-27-7071

【第三者・従業員承継】

TEL0952-20-0345

受付時間 平日9:00〜17:00

TOPへ