後継者人材バンク

設置の目的

創業による事業引継ぎ支援を強化するため、「後継者人材バンク」として創業予定者の登録募集を開始することとなりました。創業を目指す起業家と後継者不在の中小企業とをマッチングすることで、起業家の創業実現と後継者不足に悩む事業主の事業継続を支援します。
あらゆる業種(例:建設業、製造業、個人商店、飲食店等)でご相談をお受けしています。
当センターへの相談料は無料です。
※当事業は、後継者不在の事業主の経営者候補として、起業家を引き合わせるものであるため、 従業員としての雇用のあっせんを行うものではありません。

 

事業引継ぎによる起業のメリットとデメリット

メリット

ゼロからの起業ではないため、少ない資金で創業することが可能です。

Uターン・Iターンで経営者になることも可能です。

顧客や仕入先、店舗等の経営資源を引き継ぐため、創業時の起業リスクを低くできます。

知名度やノウハウ、代々育まれてきた知識など、「目にみえない資産」を引き継ぐことができます。

事業の存続を望む地域や取引先の期待に応えることができます。

事業に精通した事業主のアドバイスを受けながら起業することができます。

 

デメリット

ゼロからの起業と比較して、経営の自由度は低くなります。具体的には、

後継者として、事業主と経営方針をすり合わせる必要があります。

既存の店舗を引き継ぐような場合、立地や規模が制限されます。

個人保証債務の引継ぎが必要となる場合があります。

 

登録申込みから引き合わせまでの流れ

※ただし、紹介までに長期間を要する、あるいは希望条件に合致する事業主が現れない場合も十分に考えられますので、その点についてはあらかじめご了解ください。

 

対象者

譲渡側:県内の中小企業・個人事業主

譲受側:創業予定者(見習いとして就職して譲受を希望する方など)

 

「佐賀県後継者人材バンク登録申込書」に必要事項をご記入しお申込みください。
受付後、当センターより登録完了のご連絡を差し上げます。

 

TOPへ